氷見うどんの老舗高岡屋 260年前から続く地元の特産品

P6120756

260年変わらぬ伝統の氷見うどん

氷見と言えば寒ブリ、と思いたくなりますがお魚以外の美味しい食べ物もたくさんある町です。

そんな氷見。実は、うどんの名産地でもあります。ツルッとして歯ごたえのある麺は氷見うどんとして地元の人々に愛されています。全国的に有名な稲庭うどんと、良く似た食感だとイメージしてもらうと良いと思います。JR氷見駅の近くにある高岡屋本舗が氷見うどんの元祖のお店。創業から260年、加賀前田家にも献上された伝統の味は一子相伝で受け継がれてきました。

高岡屋には乾麺と生タイプの2種類、それぞれ太麺と細麺があります。乾麺は保存が効きますが、何と言っても260年変わらぬ方法で作られる生麺が素晴らしいです。今でも店の2階で朝の暗いうちから、昔と同じ方法で作られています。
P6120758
小さなお店ですが全国から注文があり、あの長嶋茂雄さんもファンらしいです。氷見に来たら、駅や商店街のほうにも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0Pin on Pinterest0