濃厚なのにサッパリした食べ応えのソフトクリーム。島津福寿堂は地元民も集う憩いの場

富山県で初めてソフトクリームを販売した氷見の島津福寿堂

ソフトクリームといえば、道の駅やコンビニなどで手軽に食べられる代表的なスイーツの1つです。旅行中に売っているお店を見かけるとなぜか食べたくなりますよね。

実は、氷見市の商店街には富山県内で初めてソフトクリームの販売を開始したお店があります。その名も島津福寿堂。ここのソフトクリームは独自の配合で、クリーミーなのにスッキリした食べ応え。是非とも一度は味わっておくべき氷見の隠れた名物です。

商店街に軒をつらねる島津福寿堂。なぜか塩も売っています。
P_20160802_171503

60年の歳月を経てたどりついた魅惑のソフトクリーム

ソフトクリームは日本に伝わったのは1951年。終戦後の連合軍による占領時代でした。徐々に日本が復興を遂げ、街に飲食店も増えていくにつれて、ソフトクリームをデパートやレストランで食べるのがブームになったそうです。島津福寿堂では今お店を切り盛りするオバちゃんの父親が金沢で初めてソフトクリームを知り、こんな美味しいものがあるのかと感動して自分の店でもソフトサーバーを導入して発売したそうです。以来60年、オリジナルの配合で生クリームの味を残しつつサッパリといくらでも食べたくなる人気商品となりました。

おばちゃんオススメのサンデー。ソフトクリームにお好みのソースをかけて食べます。
P_20160802_171922

氷見に観光に来たついでにソフトクリームを食べて、くつろいで欲しい。そういう思いで商売をつづけている。

お店のおばちゃんは気さくに話しかけて、色々な事を語ってくれます。注文したソフトクリームを食べている間にも地元の人たちが店に入ってソフトクリームを買っていきます。家でゆっくり食べられるように持ち帰りもできます。

濃厚なのに後味スッキリのソフトクリーム
DSC_4935

Share on Facebook6Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0Pin on Pinterest0