9月22日は大仏まつり!大仏さんが1年の垢を落とす「お身拭い」は地元の人たちが大仏さんの体によじ登ってキレイにする一大行事!!

大仏さまをみんなでキレイに磨く。1年の垢を落とす恒例行事、お身拭い

収穫の秋を迎える9月。富山県では各地で多くの祭礼やイベントが開かれます!日中の残暑がまだきつい時もありますが、我らが高岡市民のシンボルであり、「だいぶっつぁん」の愛称で親しまれる高岡大仏も、秋分の日の9月22日(木)に大切な行事を控えていらっしゃいます。その名も、大仏まつり。中でもみどころは地元の人たちは白装束に着替えて大仏さんの体によじ登り、きれいに磨く「お身拭い」でしょう。普段は勝手に登るとお寺の尼さんに怒鳴られますが、この日だけは無礼講です。

「だいぶっつぁん」のお体を磨いているところ。お顔の部分を磨くときは、掌の上に梯子をかけます。お顔の部分だけは毎年同じ方が担当されています。
201609922_1

お身拭いに参加される皆さん。出番までは本堂でくつろいで待っています。
p9235824

ちなみに高岡の大仏さんは高さ7m43cm、台座も含めると15m85cmになります。過去に私も参加しましたが、間近で見ると本当に大きいです。さらに大仏さんは鋳物で出来ていらっしゃるので日光が当ってかなり体温が高くなっており、さわると本当に熱いです。大仏が大きいとか、金属が日光で熱いとか、当たり前のことしか書いてないですね…

間近に見上げる高岡大仏…
p9235846

台座からの眺め…お身拭いの後で台座が一般開放されます
p9235859

子供たちがはしゃぎ、賑やかな境内
20160922_3

年に一度のお身ぬぐいの光景はまさに圧巻。大仏さんの目線で街を眺めるまたとないチャンス、お身拭いは22日の午前10時からスタート、午後14時からは交通安全祈願法要です。我ら高岡市民の、だいぶっつぁんへの愛の深さをぜひ見届けてやってください。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0Pin on Pinterest0